ボトックス注射治療で小顔美人になりましょう

ボトックスの副作用

女の人

ボトックス注射治療というのは、エラが張ってしまって困っている方に対して小顔効果のある治療ですが、中には中々小顔効果が出来ないという方もいます。その原因となるのが、骨格そのものによってエラが形成されている場合です。ボトックスの成分というのは、あくまでも筋肉を収縮させることによって小顔にすることができるのです。そのため、骨格そのものが張っている場合は効果が中々出ないという場合があるのです。この場合にボトックス治療を何度行ったとしても、小顔効果を感じることができないのです。ボトックス治療はとても安全な治療ですが、副作用が全くないわけではありません。ボトックスの成分、ボトックスの注射箇所、ボトックスと体質の相性が悪いと思わぬ副作用をもたらすケースがあります。もし、これからボトックス治療を受けようとしているのであれば、ボトックスの副作用について知識を持っておきましょう。ボトックスの副作用で最も多いのが、ボトックスの量が多く投与されることによって生じる筋肉の麻痺です。これを局所顔面神経麻痺と言います。この症状が起きてしまった場合には、筋肉が硬直してしまい、その結果顔の表情が歪んでしまうのです。自由に顔面を動かすことができなくなり、笑顔が不自然となってしまいます。その他の副作用では、筋肉が低下してしまうということです。筋肉を収縮する効果のあるボトックスですが、過剰摂取してしまうと筋肉自体が衰えてしまい、ボトックス治療を続けないと保つことができない顔になってしまいます。ボトックス治療を受ける際には、顔の筋肉のバランスを考えた上で適度に行うようにしましょう。筋肉の衰えを感じるのであれば、医師と相談することをおすすめします。ボトックスの抽出元であるボツリヌス菌というのは食中毒を引き起こす毒素です。そのため、毒ということで治療を受けるのが不安という方がいます。しかし、ボトックスはボツリヌス菌から毒素を抜いたものになるので安心なのです。注射で投与することによって体の中に毒素が入るといった危険性は一切なので、初めての方でも受けられる治療となっています。元々ボトックスというのは、眼科痙攣や顔面痙攣の治療に使用されていた安全性の高い医薬品です。その安全性というのも何年も前から証明されており、厚生労働省の認可もしっかり受けています。しかし、ボトックス注射を受ける際にクリニック選びをしっかり行う必要があります。ボトックス治療というのは、クリニックによって費用が異なります。そのため、費用が安すぎるところは、安全性の高いボトックスを使用しているのかを判断することが難しいので、別のクリニックを選択するほうがよいでしょう。